淡麗で辛口の日本酒という確固たる地位を築いた新潟の日本酒。新潟の水はミネラル分の少ない超軟水であり、日本酒の発酵も穏やかであり、昼夜の寒暖差も少なく安定しているためさっぱりとした味わいの辛口な日本酒がうまれます。そんな、すっきり美味い新潟の日本酒!その中でもこれだけは飲んでおきたい!もしくは新潟に行ったなら絶対に飲みたい!新潟の美味しい日本酒のおすすめをお楽しみください。
新潟の清酒ベースならではの旨味とゆずの香り、甘みが見事に溶け合って飲むほどに深まる味わいをご賞味下さい。 酒蔵の造る日本酒や焼酎で仕込んだ梅酒。厳選された梅と素材に合う選ばれた日本酒で仕込まれた梅酒はそれぞれの蔵のこだわりを感じさせます。 焼酎の味を決める原材料。独特の甘みがクセになる芋焼酎。芋焼酎の味は一言でいうと「豊潤な甘みのある香り」が特徴。糖度の高い野菜であるサツマイモを使用しているので甘い香りが強く残ります。飲みやすさは一番、香ばしさもある麦焼酎。お酒の原材料として幅広く使用されている麦。ウイスキーやジン、ウォッカなどにも使われています。香りにクセがなく飲みやすいので初心者にもおすすめ。日本酒好きにはさらりと飲める米焼酎。すっきりした味わいは素材がシンプルなために使われる麹も元はお米なので、米焼酎は米と水だけでできたお酒ということ。原料を糖化させるために新潟の米と水の焼酎をぜひお愉しみください。
健康や美容に良いととされるミネラルをたっぷり含んでいる梅酒。また、香りもアロマテラピーみ相当する効果があると言われてる。 「酎ハイ」の酎は焼酎、「ハイ」はハイボールのそれぞれの略。もともと蒸留酒をソーダや炭酸飲料で割ったもののことを指す。戦後、ウイスキーを炭酸で割った「ハイボール」が都会のサラリーマンのあいだで人気を呼ぶようになったが、貧しい下町の庶民にはなかなか届かなかった。そんな中、東京の下町のある飲み屋が焼酎を炭酸で割った「焼酎ハイボール」を売り出しところ、これが人気を博し、たちまち全国に広まった。これが「酎ハイ」の始まりだと言われる。 ストレスを感じる日々にお疲れの方におすすめ。やさしい味わいが心と体をリラックスさせてくれる、そんなお酒です。
<< PRV